>  > 自分のことかもしれない

自分のことかもしれない

風俗嬢と話していると、話で乗せてくれる女の子もいますよね。この前の風俗嬢のSちゃんなんかがまさにそれなんですよ。例えば嬉しいお客って話になった時、自分かな?って勘違いさせるようなことを言ってくれるんですよ。こういったタイプの女の子は伸びますよね(笑)今だからこうして冷静に「自分かな?」なんて振り返っていられますけど、実際には目の前で女の子にそんなことを言われて、結局舞い上がってしまいましたからね。彼女の掌の上でコントロールされていたってだけの話ですけど、でもそれでいいんです。掌の上でコントロールされているくらいが気持ち良いですし、幸せなんですよね。とにかく彼女は話術がとっても上手な女の子で、こちらを上手く勘違いさせてくれるんですよ。だから本当に最後の最後までもしかしたら彼女は自分のことが好きなんじゃないかとか、自分に対して特別な思いを持っているんじゃないかとか錯覚させられて、勘違いの中で満足しました(笑)

一生懸命探しました

自分に合う風俗嬢を探す時は一生懸命探しますよ。やっぱりそこは死活問題というと大げさですけど、誰にするかによって風俗は全然印象が変わるじゃないですか。選んだ女の子がどんなプレイをしてくれるのかはふたを開けてみなければ分かりませんが、蓋を開けるまでの部分、パッケージに関しては自分で用意出来るものじゃないですか。そこを間違えると後悔も一層強くなってしまうので、女の子選びに関してはかなり一生懸命行うようにしています。インターネットの力も借りますけど、実は何気に重宝しているのが風俗情報誌なんですよ。風俗情報誌よりもホームページの方が…って声はいろいろな所から聞こえてきますし、実際自分の周りの風俗マニアからも言われるんです。でも風俗情報誌には情報誌にしかない情報もたくさんあるんですよね。女の子のイメージを抱きやすいとか、インタビューが掲載されているとブログよりも読み応えがあって楽しめたり。どんな内面なのかが分かりますよ。

[ 2016-12-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談